子宮筋腫の治療(ピルと漢方薬)

子宮筋腫の治療(ピルと漢方薬)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

ピルと漢方薬

ピルについて

ピル・イメージ低用量ピルは子宮内膜症の治療薬として効果が認められ、2008年に保険適応されています。いっぽう子宮筋腫には効果はなく、過多月経、月経痛を軽減するための対症療法で、保険外の扱いです。
偽妊娠療法とは、ピル(中用量、低用量)を数カ月飲み続け、月経を止める方法で、子宮内膜症の治療法のひとつです。価格でいえば、偽閉経療法で使用するGnRHアゴニストよりは低用量ピルのほうが格安です。
GnRHアゴニストは骨塩量の減少を引き起こしますが、ピルはその副作用がないため長期間続けて使用できます。しかし、血栓症や乳ガンのリスクはわずかに高まるといわれています。不正出血や吐き気、気分の変動などの症状が出ることもあるので、ホルモン薬の効果や副作用は医師に確認し、相談しながら使用するのがいいでしょう。

漢方薬について

漢方薬・イメージ漢方薬は筋腫や内膜症の症状には、瘀血を取るものが効果的だといわれています。漢方薬は、月経痛や過多月経などの症状を改善することを目的として使用するもので、対症療法であって実際には、筋腫が小さくなったり内膜症が改善することはまずないと考えられています。
漢方薬の特徴は、それぞれの人の体の状態や体質によって、処方されるものが違うということ。即効性があるものとないものがあり、漢方薬の専門医に相談して使用するのがいいでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ