月経とホルモンの関係(エストロゲン・プロゲステロン)

月経とホルモンの関係(エストロゲン・プロゲステロン)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

月経とホルモンの関係

ホルモンが月経をコントロールしている

女性の体は、毎月、排卵と月経を周期的に繰り返すリズムを持っています。これは、卵巣から出されるホルモンの変化によって起こります。卵巣は、親指の先ぐらいの大きさで、子宮や卵管、靭帯に支えられ、腸の間に埋もれています。女性は生まれたときから、その卵巣の中に100万~200万個の原始卵胞(卵子のもと)を持っています。初潮から閉経まで、毎月、左右のいずれかの卵巣から、成熟した卵子がひとつ飛び出し、これを「排卵」といいます。

排卵や月経のサイクルについて

排卵写真排卵や月経のサイクルは、中枢神経(脳)によってコントロールされています。脳から下垂体へ信号が送られて、卵胞刺激ホルモンが出ると、卵巣では卵胞が発育し、エストロゲンを分泌します。卵胞が十分に成熟すると、その情報が脳の下垂体に伝わり、黄体化ホルモンが分泌されて排卵します。排卵したあと、そのくぼみには黄体がつくられてプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。
脳の下垂体からの情報を受けた卵巣は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンを分泌し、そのホルモンの影響で子宮内膜が厚くなって月経が周期的にやってきます。基礎体温を測るとわかりますが、女性の体は、その月経周期に合わせ、排卵すると高温に、月経がくると低温に変化してます。ホルモンは、乳房の張り、おりものの変化、自律神経や感情の変化などにも影響します。
排卵期に卵巣から飛び出した卵子は、卵管に吸い込まれ、精子を待っていますが、タイミングよく性交渉が行なわれた場合は精子と出合って受精。その受精卵が子宮の内膜に着床すれば「妊娠」となるわけです。妊娠しなかった場合は、黄体が14日間ぐらいで退化し、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が低下して、必要がなくなった子宮内膜は出血をともなってはがれ、腔から出されます。それが「月経」です。

エストロゲンについて

子宮内膜症、子宮筋腫に影響すると考えられるのは、おもにエストロゲンだといわれます。エストロゲンは、女性の体には欠かせないものです。骨の密度を維持したり、血液中のコレステロールを減らしたり、肌に張りを与え、血管を広げるなどの役割を持ち、あらゆる代謝に影響しています。

エストロゲンの働き

妊娠時期

①子宮の筋肉を発育させる②子宮頸管をやわらかくする③分娩時に陣痛発采に影響

非妊娠時期

①思春期からの女性らしさ(子宮・乳房の発育、皮下脂肪など)②子宮内膜の増殖③子宮頸菅(子宮口)の粘液分泌を高め、粘度を下げ、精子の運動を助ける。④卵管の運動性を高める。⑤腔の細胞分裂を活発にする

スポンサードリンク

ページの先頭へ