子宮筋腫の薬物療法(ホルモン療法)

子宮筋腫の薬物療法(ホルモン療法)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮筋腫の薬物療法

ホルモン療法

GnRHアゴニストホルモン療法の原理は、筋腫の発育に関係するといわれるエストロゲンの効果を抑えることです。
閉経が近いと考えられる場合、貧血や筋腫が大きくなる傾向があっても、対症療法として閉経までの期間は、エストロゲンの分泌を抑えるGnRHアゴニストというホルモン剤を処方されることがあります。GnRHは性腺刺激ホルモン放出ホルモンと呼ばれるもので、GnRHアゴニストはその分泌を低下させる薬です。GnRHの分泌が低下するとエストロゲンの分泌が抑制され、子宮筋腫の成長も抑えるわけです。GnRHアゴニストは点鼻薬と注射があります。エストロゲンが抑えられると、月経が止まり、貧血が改善します。ただし、人工的に閉経と同じ状態をつくるので、更年期の症状が出て、ほてり、のぼせ、イライラ、骨租しょう症などになってしまうこともあります。その症状に対処する薬もあります。

ホルモン剤の使用目的

ピル貧血や過多月経などのつらい症状はあるのに、手術には踏み切れないという人も、限られた期間でも症状を媛和させるため、このようなホルモン剤を使用することがあります。
ホルモン剤は、一時的に筋腫を小さくするので、手術前に出血量を抑える目的で使うこともあります。しかし、効果が見られない場合や、中止するとすぐに治療前の大きさに戻ってしまう場合があることを知っておいてから、使用する必要があります。
そのほか、中用量ピルや低用量ピルを利用することで、月経や排卵を抑え、月経痛や過多月経などのつらい症状を軽くすることができます。ピルには、エストロゲンが含まれますが、プロゲステロンも多く含まれているため、子宮内膜の増殖を抑えて萎縮させる、プロスタグランジンの産出抑制、子宮収縮の抑制などの作用があるのです。ただし、子宮筋腫を小さくする効果はありませんので、あくまで対症療法です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ