子宮内膜症の手術療法(腹腔鏡下手術・開腹手術)

子宮内膜症の腹腔鏡下手術・開腹手術について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮内膜症の手術療法

子宮内膜症の手術療法について

女性の病気・子宮内膜症の手術子宮内膜症の手術は、内膜症の病巣を切除したり焼灼したり、凝固させたり、癒着をはがしたりする保存療法と、卵巣や子宮を摘出する根治療法があります。
保存療法としては、腹腔鏡下手術、開腹手術があります。腹腔鏡を使用した手術は、まず検査を行ない、内膜症の状態が確認できたら、そのまま手術に移行することがあります。卵巣チョコレートのう腫の核出から子宮摘出まで、手術は、胃カメラのようなしくみの腹腔鏡で撮られた画像を、術者がモニター画面を見ながら操作鉗子を使って行ないます。
そのほか、準根治手術は部分的に卵巣を残す方法。根治療法は子宮と両卵巣を摘出する手術です。

保存的手術

①腹腔鏡下手術・開腹手術

開腹して、癒着をはがしたり卵巣チョコレートのう腫を核出したり、腹膜病変の焼灼などを行ないます。腹腔鏡下手術は、傷口が小さくて術後の回復が早いというメリットがあります。しかし、開腹手術に比べて視野が狭いので、小さな病巣を取るのに適しています。

準根治手術

①開腹手術

開腹したとき、健常と判断される卵巣の部分を残す手術をします。ホルモン分泌や妊娠の機能は温存され、なお、病巣が取り切れていれば再発はしません。閉経までに再発、再燃しなければ、根治できたといえる方法です。

根治手術

①腹腔鏡下手術・開腹手術

子宮と両卵巣を摘出する手術で、保存的治療では効果がなく、妊娠を希望しない人に適応する手術です。腹腔鏡を使用する方法と、腹部を切開する方法があります。癒着が強いときは腹腔鏡下の手術はできない場合もあります。
再発、再燃の可能性は100%なくなりますが、閉経前であれば人工的な閉経状態になるので、年齢にもよりますがホルモン補充治療が必要になることもあります。

腹腔鏡下手術のメリットとデメリット

メリット

●傷が小さい
●術後の回復が早い
●術後の癒着が起こりにくい
●術後の痛みが少ない
●入院期間が短い

デメリット

●手術時間が長い
●手術中に状況により開腹手術に変更の可能性がある
●どこでもできるわけではない
●難しい手術なので医師の技量に左右される
●症例によってはできないことがある

開腹手術のメリットとデメリット

メリット

●手術をしやすい
●腹腔鏡下手術より手術時間が短い
●ほとんどの医療施設で可能
●安全で確実な手術が可能
●どのような症例にも対応できる

デメリット

●傷が大きい
●術後の痛みが強い
●腹腔鏡下手術より入院期間が長い

スポンサードリンク

ページの先頭へ