子宮内膜症の診断(内診・超音波断層法等)

子宮内膜症の診断(内診・超音波断層法)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮内膜症の診断

子宮内膜症の確定診断には、開腹手術や腹腔鏡によってお腹の中を直接見て組織検査を行ない、子宮内膜組織があることを証明することが必要です。日常の診察で腹腔鏡を使うことはないので、通常の診察では症状の問診や内診をし、腫瘍マーカー、超音波断層法、MRIなどの検査データから診断します。

内診

子宮内膜症はダグラス窩に癒着を起こすことが多く、内診で子宮を動かすと、動きが悪かったり痛みを感じたりします。内膜症にかかっている人の約4割が子宮後屈だといわれ、それは、ダグラス窩の癒着のためだといわれています。また、腹部を押さえたときに痛みを感じたり、卵巣が腫れているときは、チョコレートのう腫が疑われます。腹壁や外陰、会陰に暗紫色の小さなしこりがあるときは、腹膜外子宮内膜症の可能性があります。

超音波断層法

子宮内膜症の初期の症状や、腹膜の病変、癒着などはわかりませんが、チョコレートのう膿は確認できます。さらに、内膜症が進行したときに見られる腹水の確認もできます。

血液検査ほか

血液を採って腫瘍マーカー(CA125など)を測定し、さらに必要に応じて、MRIやCTなどを画像診断します。

腹腔鏡検査

内視鏡を使った検査で、初期の内膜症の病変が確認でき、それと同時に電気メスなどを使って癒着を剥離したり病変を焼灼したりする治療もできます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ