子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因(免疫力・環境ホルモン)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因はいくつかの説があります

子宮内膜症と女性ホルモンの関係子宮内膜症の原因は解明されていませんが、いくつかの説があります。ひとつは、月経血の一部が卵管から逆流し、子宮内膜が腹腔内に運ばれるという説です。しかし、月経血の逆流は多くの人に起こる現象であるのにもかかわらず、すべての人に内膜症が発生するわけではありません。そこに関係しているのが、免疫力だといわれています。人によって免疫力が違うので、発症したりしなかったりすると考えられているのです。また、女性ホルモンを薬として使用中の男性にも内膜症の発生が見られたことから、月経血の逆流以外の原因も考えられています。子宮、卵管、腔の一部、膀胱、腹膜などは、発生学的に同じ細胞からできています。その細胞は、女性ホルモンであるエストロゲンの作用を受けると、子宮内膜と同じ組織がつくられ、内膜症が発生することもわかってきています。そして、子宮内膜が子宮筋層から直接骨盤内に侵入していく、という説もあります。

環境ホルモンも影響する?

最近では、環境ホルモンと内膜症の関係も研究されています。農薬やダイオキシンなどの環境ホルモンは、毒性が強く、発ガン性があるともいわれます。人間の免疫系統に障害を与えるダイオキシンは、エストロゲンと似た働きをして、内膜症を発生させる素地になるとも考えられるようになりました。

スポンサードリンク

ページの先頭へ