子宮筋腫・手術後の妊娠について

子宮筋腫、手術後の妊娠についてについて紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

手術後の妊娠について

手術後に妊娠するケースも多くあります

手術後に妊娠するケースも多い不妊で悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。不妊の原因はさまざまですが、子宮内膜症や卵巣の障害、女性の出産年齢の上昇など、いろいろな要因が考えられます。
子宮筋腫の場合は、子宮内腔に突き出た粘膜下筋腫、子宮内腔を変形させた筋層内筋腫、大きな漿膜下筋腫、たくさん点在している筋腫などが、着床障害を起こすことがあります。また、卵管の近くにある筋腫が卵管を圧迫したり、卵子の通過を妨げることもあります。なので、筋腫核出術を受けたあと、妊娠する人はたくさんいるわけです。
核出術を受けてから1年間は、妊娠の可能性が高くなるともいわれています。筋腫のほかには不妊の原因がなかった人が、核出荷のあと1年以内に妊娠した、という例が多数報告されているのです。なので、筋腫核出術を受けて妊娠を希望する人は、術後の1年間に妊娠のための努力をすると、可能性が高いともいえるでしょう。

筋腫だけが不妊の原因とはいい切れません

習慣性流産の原因はさまざま筋腫があっても普通に妊娠、出産する人もたくさんいます。子宮筋腫の場合は、持っていても妊娠する可能性があって、筋腫を取ったから必ず妊娠できるともいえない、ということがあり、筋腫だけが不妊の原因とはいい切れません。
不妊期間が長い人、流産が続いている人は、筋腫をすぐに取れば妊娠する、というわけでもないのです。まず、筋腫以外に不妊や流産の要因がないかどうかを調べ、ほかの要因も考えてみることが大切です。筋腫が子宮内腔を変形させているようなら、手術が適切でしょう。しかし、習慣性流産の原因はさまざまであり、筋腫の影響とは限らないので、医師と相談して治療法を決めるようにしてください。

スポンサードリンク

ページの先頭へ