子宮筋腫・子宮内膜症のQ&A(治療・妊娠・出産・手術等)

子宮筋腫・子宮内膜症の治療・妊娠・出産・手術等について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮筋腫・子宮内膜症のQ&A

疑問.jpgQuestion
子宮内膜症とうまくつき合う方法はありますか?
アンサー.jpgAnswer
ピルをおすすめします。避妊にもなりますし、子宮内膜症の予防治療になります。ピルを飲んでいた人のほうが不妊になる確率が低いのです。妊娠出産を希望する人は、早く妊娠してください。出産がよい治療になります。
疑問.jpgQuestion
月経のときにタンポンを使用してきました。それが子宮の病気の原因になることがあるのでしょうか?
アンサー.jpgAnswerer
タンポンは月経血を吸収してモレを防ぐだけですから、月経血が子宮に逆流ることもなく、安全につくられています。タンポンを使っている人と使っていない人の、子宮の病気の発生率は変わらないので、タンポンが悪まめに取り替えたほうがいい、ということはあるでしょう。
疑問.jpgQuestion
ひどい貧血で悩んでいたので子宮仝摘術を受けました。でも、貧血が治りません。どうしてなのでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
子宮内膜症や子宮筋腫が原因で貧血がある場合は過多月経や不正出血による鉄欠乏性貧血です。子宮を摘出しても貧血が改善しないのなら、貧血の原因がほかにある、ということでしょう。子宮以外の原因があるかどうか、調べてもらって対処したほうがいいと思います。
疑問.jpgQuestion
子宮筋腫と一緒に卵巣も摘出しました。更年期障害の症状が出てきたので、ホルモン補充療法を続けています。ホルモン補充療法を続けるとガンになりやすいという記事を見たのですが、本当でしょうか?
アンサー.jpgAnswer
女性ホルモンを補充することによって、更年期障害の症状は改善され、骨粗鬆症、動脈硬化、脂質異常症などの病気の予防や脳の機能維持などができます。ただし、長期間使用し続けると、乳ガンのリスクがわずかですが高まることもあるといわれます。ですから、更年期障害の症状が緩和したら、使用を中正してもいいでしょう。医師の指示に従って使用すれば問題ありませんが、自分にとってのメリットやデメリットを考えて判断してください。
疑問.jpgQuestion
仕事で一日中立ちっぱなしです。夏は冷房が効き、手足の冷えを感じます。仕事が子宮の病気につながったのでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
仕事の内容や職場環境と、病気の発生とは関係ありません。ただし、体が冷えて体調を崩したり、ストレスによる不調から、月経痛が強くなることはあるかもしれません。子宮の病気を克服するには、ご自分の体をいたわり、ストレスのない状態にすることがいちばんでしょう。
疑問.jpgQuestion
妊娠がわかったあとに子宮筋腫が見つかりました。自然分娩はできませんか?
アンサー.jpgAnswer
子宮筋腫があっても自然分娩は可能です。帝王切開になるかどうかは、筋腫の場所と胎児の位置によります。筋腫があることで、胎児が骨盤位(逆子)や横位などの位置になっているときは、帝王切開の可能性が高いでしょう。また、大きな筋腫や筋瞳が胎児の頭の位置よりF方にある場合も、帝王切開のほうが安全だといえます。しかし、たとえ筋腫が大きくても、妊娠の経過とともにやわらかくなるものが多いので、自然分娩も吋能なのです。帝王切開になるかどうかは、妊娠10ヶ月に入ってからの赤ちゃんの位置によって決まります。
疑問.jpgQuestion
子宮を摘出すると更年期が早まるのでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
更年期に関係している女性ホルモンは、子宮から分泌されているのではなく、卵巣から分泌されています。ですから、卵巣が残っていれば女性ホルモンは分泌されるので、閉経が早まったり更年期障害が起こったりすることはありません。子宮を取ってしまうと、「女性ではなくなる気がする」という人が多いようですが、そんなことはないのです。
疑問.jpgQuestion
子宮筋腫があると診断されましたが、小さいうちに手術したはうがいいのでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
過多月経や貧血などのつらい症状があれば、早く手術をしたほうがいいと思います。しかし、自覚症状がないなら、ある程度大きくなってから手術をしたほうがいいのです。子宮筋腫はたいてい複数できます。小さいうちに取っても、また再発する可能性がありますし、核出はおよそ2回までですから、症状があまりないなら経過観察がよいでしょう。妊娠出産を希望する人は、早く妊娠し、出産すると筋腫の治療にもなります。
疑問.jpgQuestion
内診をされるのに抵抗があります。ほかの方法で検査をすることはできないのでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
子宮筋腫の大ききにもよります。大きい筋腫なら、経腹法の超音波検査で診断ができる場合もあります。しかし、小さい筋腫は超音波検査ではわかりにくく、癒着の状態なども判断できません。子宮の病気が疑われたときは、正確な診断をするための必須の検査が内診なのです。気持ちをゆったりと持って、リラックスして検査に臨んでみてください。
疑問.jpgQuestion
子宮筋腫の種類がわからないので、悪性ではないかと心配なのですが…
アンサー.jpgAnswer
子宮筋腫とまざらわしい子宮肉腫という病気があります。摘出した腫瘍を病理検査して、やっと判明するので、手術前に診断ができることは少なく、MRI検査で、その一部が疑われる程度です。通常は急に大きくなるので、小さいものは子宮肉腫の心配はありません。
疑問.jpgQuestion
子宮を取ってしまったら、排卵された卵子はどうなってしまうのでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
排卵された卵子は、腹腔内で吸収されたり、卵管内で吸収されていきます。全摘していれば、腔の上端は縫合して閉じているので、性交しても受精が成立することはありません。
疑問.jpgQuestion
大きな子宮筋腫があると診断されたのですが、症状がありません.筋層内筋腫で大ききは握りこぶし大です。手術したほうがいいでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
筋腫は徐々に大きくなります。自覚症状がなくても、増大した筋腫で子宮内腔が変形したりして不妊の原因になることがあります。年齢にもよりますが、妊娠を希望するなら、MRI検査で筋腫の大きさや数などを診断してもらうことをおすすめします。検査の結果を知れば、手術の必要性がわかるでしょう。筋腫が大きければ、筋腫核出術を提案されると思います。閉経が近ければ経過観察でよいでしょう。
疑問.jpgQuestion
子宮内膜症で痛みが激しいのですが、鎮痛剤を飲んでもいいのでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
痛みを感じてつらいときは、鎮痛剤を服用しましょう。痛みのピークがきてしまうと薬があまり効かないので、気配を感じたら早めに飲んだほうがいいでしょう。つらい痛みをがまんしないでください。薬は医師が処方してくれるものでも、市販のものでも大丈夫ですが、あまりたくさん服用すると胃腸障害や一種の中毒のような症状になることもあるので、注意が必要です。回数、容量を守って服用してください。
疑問.jpgQuestion
鎮痛薬を飲みたいのですが、吐き気が強くて飲めません。どうしたらいいでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
吐き気があって薬が飲めない人は、医師に頼んで坐薬を処方してもらいましょう。坐薬のほうが確実に効きますし、服用しすぎることもありません。胃の薬を一緒に飲んでも大丈夫です。ただし、子宮内膜症の症状のひとつに下痢があります。下痢が起こる人は坐薬は使えません。
疑問.jpgQuestion
月経のたびにつらい痛みがあるので、すぐに治療がしたいのです。20代ですが、もう子どもは産むつもりがないので、仝摘術を希望します。
アンサー.jpgAnswer
お子さんもいらっしゃって、もう産むつもりがない、ということですが、出産可能な年齢の人は子宮を温存しておいたほうがいいと思います。今後の人生において、家族の状況が変わったり気が変わることもあるからです。まず、原因を確かめましょう。月経困難症や子宮内膜症であれば、ピルなどのホルモン療法をおすすめします。ずっと楽になると思います。筋腫であれば、筋腫核出もよいでしょう。
疑問.jpgQuestion
30代後半なのですが子どもがいません。早く赤ちゃんが欲しいのですが、筋層内筋腫が数個あるといわれました。このまま出産を待ったほうがいいのか、治療を先にしたほうがいいのか、迷います。
アンサー.jpgAnswer
30代代後半ということは、妊娠可能年齢がリミットに近づいているということ。妊娠か手術か迷うのは当然です。筋腫によって子宮内腔が変形しているようなら、妊娠しにくくなっています。不妊検査をして筋腫以外に不妊の原因が見つからないようなら、手術を先にしたほうがいいと思います。腹腔鏡下筋腫核出術で癒着を最小限に抑え、子宮を温存して治療をすれば、妊娠も期待できるでしょう。
疑問.jpgQuestion
子宮内膜症で過多月経や貧血の症状があります。とてもつらい症状が続くので子宮仝摘をすすめられました。不妊治療は長年やったのですが、40代なので子どもはもうあきらめました。しかし、子宮を失いたくないのです。どうしたらいいでしょうか?
アンサー.jpgAnswer
症状にもよりますが、妊娠を希望していないのなら、子宮全滴をすすめる医師が多いと思います。無理強いはしませんが、妊娠の可能性が低くて、ご本人が納得されるのなら、全滴が最善の治療法だと考えます。ただし、どうしても全滴を避けたいなら、手術療法としては子宮動脈塞栓法、マイクロ波子宮内膜焼灼術などがあります。薬物療法としてはホルモン療法(ジェノゲスト療法・偽閉経療法・ピル)や、黄体ホルモン添加避妊用リング(保険外)を装着する方法がよいでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

おすすめのサイト
便秘解消

便秘解消法は便秘を解消するための情報サイトです。

痛風 初期症状

最新の痛風治療や初期症状等を紹介する痛風に関する情報サイトです。

膠原病症状

膠原病の症状や原因、治療法等を紹介する膠原病の情報をサイトです。

リウマチ初期症状

関節リウマチの症状や原因、初期症状等を紹介する情報サイトです。

糖尿病症状

糖尿病の症状や食事療法などを紹介する糖尿病を克服する為の情報サイトです。

筋力トレーニング方法

筋トレの本質や方法等、健康や実用にすぐに役立つ情報を紹介していきます。