妊娠中の子宮筋腫(妊娠中に子宮筋腫が判明した時)

妊娠中に子宮筋腫が判明した時)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

妊娠中の子宮筋腫

妊娠中に子宮筋腫が判明した時

妊娠中に子宮筋腫妊娠後に子宮筋腫や子宮内膜症が見つかる、というケースもあります。筋腫や内膜症があっても、妊娠や出産ができないわけではないからです。子宮内膜症があると、妊娠はしにくいのですが、妊娠中は月経がなくなるので内膜症の症状は治まります。胎児の成長や出産には影響はないでしょう。子宮筋腫があっても、ほとんどの人が無事に出産できることが多いので、それほど心配することはありません。大きな筋腫でなければ、筋腫が胎児の成長に悪影響をおよぼすことはないので、胎児の状況に注意し、医師の指導を受けていれば、不安に感じる必要はありません。
妊娠中に筋腫を摘出することはまずありません。腹腔内は相当余裕があり、胎児が筋腫に圧迫されることはめったにないのです。出産に危険がないかどうか、筋腫の大きさ、位置などをきちんと調べ、母子ともに安全に出産できるよう、医師の指示に従うことが一番です。

子宮筋腫が原因の流産や早産について

帝王切開写真まれに、子宮筋腫がある人が、流産早産になることがあります。それは、筋腫の変性によって痛みが起こり、それが原因で子宮が収縮するためです。急にお腹が痛くなった場合は、すぐに受診するようにしましょう。筋腫の大きさにもよりますが、胎児の成長の妨げや栄養供給のじゃまになる可能性もあるので、そのような場合は医師に相談し、入院管理することもあります。
子宮頸部に大きい筋腫がある場合、お産のときのじゃまになるため胎児が出てくるときに支障があることがあります。その場合は、帝王切開になるケースが多いでしょう。
また、筋腫のために逆子や横位になることがあり、その場合も帝王切開になる確率が高いでしょう。実際、帝王切開が必要かどうかは、胎児の状態にもよるので医師の指示に従うのがいいでしょう。
茎捻転や変性のために激痛を起こす有茎漿股下筋腫の場合や、悪性(子宮肉腫)の疑いがある場合は、妊娠4ヶ月以降の安定期に核出術を行なうこともあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ